AULA AILAを店舗で取り扱うABSURD

新規取り扱いブランド「O R I M I」21AW ファーストデリバリー 入荷致しました。

  • TOP
  • 【通販】RUMCHEの魅力や特徴について詳しく解説!

【通販】RUMCHEの魅力や特徴について詳しく解説!

RUMCHE RUMCHEを通販で買うなら魅力や特徴を知っておこう!

日本のファッショブランドであるRUMCHEは、2018年の立ち上げ以降、人気を博しています。人気のあるブランドにはそれなりの背景があり、コンセプトやデザイナーの人柄がユーザーに響いているといえるでしょう。RUMCHEにおいても例外ではなく、立ち上げから現在に至るまでRUMCHEだからこそといえる背景があるのです。

こちらでは、ABSURDの通販で購入できるRUMCHEの魅力や特徴をご紹介いたします。

シャツやコートが人気!RUMCHEのコンセプトとデザイナーについて

まず、RUMCHEのファッションアイテムを取り入れるうえで知っておきたいのが、コンセプトや特徴です。ABSURDの通販でも気軽にチェックできるアイテムではありますが、ブランドが持つ背景を把握することで、自分のライフスタイルと照らし合わせながら最適なものを選ぶことができます。

また、ブランド自体のコンセプトや特徴に加えてデザイナーについても知っておくことが大切です。

こちらでは、RUMCHEのデザイナーである安原瑠美氏の生き方や思想にも触れながら、RUMCHEの魅力についてご紹介いたします。

コンセプトと特徴

「RUMCHE」の服を着た女性モデル

RUMCHEは、2018年にデザイナーでありブランドディレクターも担当する安原瑠美氏によって設立されました。主にレディースを中心としたファッション展開をしており、国内ブランドを愛する女性たちからの人気が高いのが特徴です。

当初は「Rumché」いう表記でブランド名を表していましたが、2020年の春夏コレクションをきっかけに大文字表記の「RUMCHE」に変更しています。

RUMCHEの持つコンセプトは、「一生永く着られる、デイリーなデザイン服」です。何代も受け継がれるような高品質のアイテムが想像できるでしょう。もちろん、デザイン的にも長く着られるシルエットであり、そこに加えられた遊び心が女性を虜にしています。それでいて、日常のコーディネートにおけるメインとして存在してくれる、頼もしいアイテムであるといえるでしょう。

RUMCHEのベースに取り入れられているテイストは、「Classic」「Military」「Vintage」です。この3本柱からも流行りに左右されないイメージが伝わるのではないでしょうか。

そんなRUMCHEは、民族衣装からヒントを得て作られており、オリジナリティあふれるデザインに仕上がっているのが特徴です。素材やパーツは日本製にこだわり、愛知県や山形県で作られたテキスタイルが多くのアイテムに使用されています。

さらには、デザイナーである安原氏が1アイテムごとのスタイリングを何パターンも考え、幅広い年齢層の友人、知人に試着してもらうことでサイズ感を整えるなど、細やかな気配りも行われています。それにより、誰もが着こなせるブランドへと仕上がっているのです。

ABSURDの通販では、シャツやコートなどのRUMCHEの人気アイテムを多数取り扱っております。もちろん、店舗でもお買い求めいただけますので、シャツが映えるコーディネートについて相談したい、コートをかっこよく着こなすためのスタイリングをお願いしたいとお考えの方は、お気軽にスタッフへお声かけください。

デザイナーについて

「RUMCHE」の服を着た女性モデル

RUMCHEのデザイナーである安原瑠美氏は、もともと人気ブランド「dazzlin」のデザイナー兼ブランドディレクターだった実力派です。さらに、ブランド賞をたくさん受賞しており、その腕前は定評があります。フランスのファッションモード誌である「JaL OUSe」の編集長Jennifer Eymereと開催したコレクションもあり、独立以前から様々な経験を積んでいました。当時の活動名は、旧姓である近瑠美です。

そんな彼女がdazzlinの運営会社マークスタイラー株式会社から独立したのは、2015年です。その後、サマンサタバサグループのアパレルブランド「REDYAZEL」を含めた多くのブランドにおけるデザインやディレクションを手がけました。そして、2018年の秋冬コレクションを機に、RUMCHEの前身となるRumchéのデザイナーとブランドディレクターを務めています。

実は、彼女は有名なファッションの学校を卒業したわけではありません。しかし、ファッションに対する想いは人一倍あり、情熱を形にできることを体現した人物といえるでしょう。

RUMCHEを立ち上げるきっかけとなったのは、彼女が母親になったことです。人生の一大イベントを機に祖母や母と話すことが増え、3世代を通して楽しめる服への想いが高まったことがRUMCHE設立へと繋がりました。ブランド名の由来は、安原氏の名前である「瑠美」と彼女が好きな「チーズ」を組みわせた造語です。

現在、安原氏はフリーランスのデザイナーとして、子供を連れて機屋へ出かけるほどアクティブに活動しています。ものづくりに対して行動を惜しまない彼女の姿勢は、RUMCHEが人気を博すエッセンスの一つとなっているでしょう。

ABSURDでは、RUMCHEのデザイナーが持つ情熱を踏まえ、幅広い世代へとRUMCHEを取り入れたファッションの提案を行っています。通販でもお買い求めいただけますので、遠方に住んでおり近くにRUMCHEの取扱店舗がないという方は、ぜひABSURDの通販をご利用ください。RUMCHEのシャツやコートを毎日のコーディネートに取り入れることで、日常のファッションがワンランクアップするでしょう。

RUMCHEとdazzlinの違いとは?シャツやコートなどの価格帯

安原氏がRUMCHEの前にクリエイティブディレクターを担当し、一気に人気ブランドへと成長させたのがdazzlinです。現在、安原氏がデザインとディレクションを担当するRUMCHEとはどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの違いを知ることでよりRUMCHEの魅力が理解できます。

こちらでは、dazzlinとRUMCHEの違いを比較し、通販で購入する際の参考になるRUMCHEの価格帯についても解説いたします。あらかじめ予算感を把握しておくことで、アイテムが選びやすくなるでしょう。

dazzlinとは?違いを比較

「RUMCHE」の服を着た女性モデル

安原氏が旧姓である近瑠美として活動していた時代にクリエイティブディレクターを務めていたのが、マークステイラー株式会社のブランドである「dazzlin」です。dazzlinのコンセプトは「Healthy sweet casual」となっており、RUMCHEのコンセプトよりも少し、甘さが感じられます。

つまり、dazzlinはいわゆるスウィートカジュアル系に分類されるファッションです。近年話題となった「大人可愛い」にも匹敵するイメージがあり、大人でも可愛らしく過ごしたい方に人気があるブランドといえるでしょう。dazzlinの由来となったのは「キラキラ華やかに」であり、ネーミングにもコンセプトがしっかりと反映されています。

基本的には、デニムと合わせやすいアイテムが揃っています。日常使いに向いている点は、RUMCHEにも通じるものがあるのではないでしょうか。

dazzlinを愛用する方の年齢層は10~30代といわれており、割と幅広い世代に受け入れられているのがわかります。しかし、RUMCHEが持つ世代を超えて楽しめるファッションというコンセプトと比べると、RUMCHEの着回し力の強さが見て取れるでしょう。

また、dazzlinは価格帯も特徴的です。多くのアイテムが10,000円以内と10代の女性が求めやすくリーズナブルな設定となっています。特にセールの時期には破格となることから、若い世代にとっては見逃せないといえるでしょう。ちなみに、安原氏が退任したのち、dazzlinは単独デザイナー制からチームデザイン制に体制変換しています。

dazzlinは公式オンラインショップもあるため、通販で購入することが可能です。
もちろん、RUMCHEのファッションアイテムはABSURDの実店舗だけでなく、通販でもお取扱しております。シンプルで着回しがしやすいシャツやコートなど、世代にこだわらず長く愛用できるアイテムをお探しの方にこそおすすめです。

商品の価格帯

「RUMCHE」の服を着た女性モデル

RUMCHEを日々のファッションに導入してみたいけれど、価格帯が気になるという方も多いでしょう。RUMCHEのアイテムは、素材にこだわりほとんどを日本製でまかなっています。また、RUMCHEにはアクセサリーもありますが、ヴィンテージガラスを取り入れたり60年代の日本で製造されたパーツを取り入れたりなど、細部までRUMCHEのこだわりが詰まっていることが伝わります。

このようなファッションに対する繊細な背景もあり、dazzlinと比較するとお値段は少々高めの設定です。それぞれのメインとなる価格帯は以下のとおりです。

・アウター…4~10万円
・ブラウス…2万5,000~4万5,000円
・ワンピース…3~7万円
・ボトムス…2万5,000円~5万円
・ニット…2~4万5,000円
・コート…6~10万円
・アクセサリー…3,500~7,000円

実店舗だけではなく通販においても、同様の価格帯が提案されています。通販では送料もかかることからトータル的にみると若干高めの価格帯とはなりますが、「長く着られる一着」だと思うとリーズナブルなのではないでしょうか。

また、RUMCHEは職人による伝統的な技を取り入れることに加え、大切に着てもらえるようなクオリティの高いものづくりに重点を置いています。特に、日本の職人によるスキルは、世界に誇れる素晴らしいものです。後世に残していくべき宝といえるでしょう。

RUMCHEが目的としていることの一つに、「コストを重視することで海外での製作に流れがちなものづくりや後継者問題が原因で、失われることが危惧される日本の職人を守ること」があります。

これらの、RUMCHEが持つ想いや日本のものづくりにおける背景を踏まえたうえで、価格帯についても受け入れたいものです。これは、RUMCHEに限らず日本のファッション界全体にいえることでしょう。日本が誇る職人のものづくりを守るためには、ファッションブランドはもちろん、小売店、消費者側も意識を高める必要があります。

RUMCHEのアイテムを日常に取り入れて世代を超えたファッションを楽しもう!

RUMCHEの素晴らしさは、何といっても世代を超えて愛されるファッションである点です。昭和の時代に祖母が着ていたおしゃれなワンピースを、現代の若者が好んで着るように、RUMCHEは一度取り入れると何年も何十年も楽しむことができます。また、通販でも気軽に手に入れることができる点も魅力といえるでしょう。

ABSURDでは、RUMCHEをはじめとした数多くの国内ブランドアイテムを取り揃えております。個性的なシャツや着回ししやすいスカート、長く愛用できるコートなど、日々を彩るファッションアイテムが豊富です。日常をランクアップさせてくれるアイテムばかりとなっておりますので、ファッションを愛する方はぜひABSURDをお役立てください。

RUMCHEを日々のファッションに導入するなら、ABSURDの通販をご利用ください

店舗名 ABSURD(アブサード)
住所 〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町3丁目1−1 小倉駅前 I’m 2F
TEL 093-522-8585
メールアドレス info@absurd-2012.com
URL https://absurd-2012.com/